ドクターシムラ角質ケアローションとクリニークどっちがいい?

「ドクターシムラ角質ケアローション」と「クリニーク クラリファイングローション」を効果と価格で徹底比較!

美容皮膚科の専門医が開発した角質ケアに特化した化粧水「ドクターシムラ角質ケアローション」と並び、角質ケアに優れたふき取り化粧水といえば「クリニーク クラリファイングローション」が有名です。
どちらも角質ケアや毛穴の黒ずみに効果が期待できる化粧水なのですが、一体どちらが自分の肌に合うのか迷うところですよね。
そこで今回は「ドクターシムラ角質ケアローション」と「クリニーク クラリファイングローション」を

 

チェック効果的な成分
チェック期待できる効果
チェック価格

 

この3つに絞って徹底比較!
皆さまもどちらが自分に合うのか、比べてみてくださいね。

 

  ドクターシムラ角質ケアローション クリニーククラリファイングローション

主要成分

グリコール酸・VCエチル 変性アルコール・ハマメリス

効果

角質ケア・美白効果 角質ケア・透明感

価格

4,590円(税抜)+送料420円 3,672円(税込)+送料

 

「ドクターシムラ角質ケアローション」と「クリニーク クラリファイングローション」の成分はここが違う!

肌のターンオーバーを促し、大人の肌悩みにアプローチする「ドクターシムラ角質ケアローション」は、肌に負担をかける余計なものをできる限り省きつつ、グリコール酸をはじめとする5つの有用成分を中心に配合しています。
グリコール酸は美容専門機関でのピーリングに使われる成分ですが、肌に負担をかけないやさしいバランスで配合。
他にもPCA-Naなどの天然保湿成分を配合し、肌を守ります。
一方「クリニーク クラリファイングローション」は消炎作用のあるハマメリスや美肌成分のヒアルロン酸などが含まれており、肌に優しい配合バランスを考えられているようです。
しかし角質ケアに特化した成分はあまり見当たりませんし、VCエチルのような美白成分も含まれていないようです。
またふき取り化粧水なので、使うコットンによっては肌を傷めてしまう可能性もあります。
角質ケア成分・美肌成分としては、さすがに「ドクターシムラ角質ケアローション」に軍配が上がりそうです。

 

「ドクターシムラ角質ケアローション」と「クリニーク クラリファイングローション」コスパが良いのはどっち?

「ドクターシムラ角質ケアローション」と「クリニーク クラリファイングローション」の価格を比べますと、ドクターシムラ角質ケアローションのほうが1,000円近く高くなっています。
しかも「クリニーク クラリファイングローション」は200mlなので、人によっては1ヶ月以上使えるかもしれません。
しかしドクターシムラ角質ケアローションの定期購入コースに申し込むと、1本で10%OFFの4,131円(税抜)、2本以上で15%OFF(1本あたり3,901円)の割引が受けられます。
しかもドクターシムラ角質ケアローションの定期購入コースはいつやめても大丈夫なので、毛穴や角質が気にならなくなってきたらすぐに解約できる手軽さがあります。
また口コミを見ると、ドクターシムラ角質ケアローションは速効性のあるコメントが多いので、早く結果が出る可能性があります。
効果がゆっくりな化粧水を長く使うより、効果がすぐに期待できる化粧水を使って短期間でクリアな肌を目指すほうが、トータルで考えた場合、お得感がありますよね。

 

ドクターシムラ角質ケアローションの楽天情報

トップページでドクターシムラ角質ケアローションを最安値で購入する方法を書いています。

ドクターシムラ角質ケアローションの楽天販売情報へ